キャバ嬢やキャバクラの名刺デザインとテンプレート

スポンサーリンク

テレビドラマや雑誌の影響もあってか、「夜の蝶」を職業に考える女性が増えて来ているということを聞きます。いわゆる、キャバクラのキャバ嬢さん・・・。

キャバ嬢希望者の増加を裏付けるように、ネット喫茶などにも、一風変わったキャバ嬢さんの求人誌がいろいろと置かれていますね。また、一般的な求人情報誌や求人サイトでもキャバ嬢さんの求人情報は常にあり、キャバ嬢などの求人を専門に扱うサイトも多い状況です。

意外と気軽に就職できる華やかな夜の世界ではありますが、その反面、競争の厳しい世界(職場)であることは否定できません。お客様を自分に取り込む(具体的には指名をもらうということ)、いわゆる営業活動のいかんが、その後の収入に大きく影響するという世界です。

営業といえば名刺。そして、ここキャバ嬢さんの世界でも、【名刺】が、重要かつ基本的な営業アイテムとして欠かせないものとなっています。

キャバ嬢としての貴女にふさわしい名刺テンプレート

キャバクラと一言にいっても様々です。高級クラブに近いようなお店から、「安キャバ」といわれる、お客様にとっては気楽に利用できるお店まで、そのバリエーションは豊富です。そして名刺を作る際に、デザインやテンプレートの選択で最も肝心なことは、どういう雰囲気のお店でどういう系のキャバ嬢さんとして働いているか?ということ。

エレガント系のお店で採用になった。和風のお店で採用された。かわいい系のキャバ嬢として採用された。元気の良いギャル系での採用、ということもあるでしょう。そして、名刺のテンプレートやデザインも、これらお店や「嬢」の雰囲気の系列ごとに様々ものが用意されています。

なので、現在のキャバ嬢としての自身にふさわしい「名刺テンプレートのデザイン」を選択することが肝心です。

参考サイト:職業別名刺の作り方講座(キャバ嬢)

キャバ嬢のお店の名刺テンプレートと貴女の個性

多くのキャバクラでは、新人のキャバ嬢さんにお店の名前や雰囲気を伝える最低限の印刷が施された「空名刺」というものを、最初のうちはタダで何枚か支給してくれます。これに手書きなどで、自身の名前や飾りを施し、自分だけの名刺に仕上げていくことになります。

仕上げの上手い下手は関係ありません。キャバ嬢としての貴女をお客様にアピールできるかが肝心なところで、より個性的であることがポイントです。

お仕事に慣れてきたら、お店と貴女にふさわしいデザインの名刺テンプレートを選んで発注するかオーダーするかすると良いでしょう。

参考情報:写真名やデザイン名刺の様々

キャバ嬢の営業でテンプレート以上に重要な名刺の扱い方

お店が用意した空名刺を自分で仕上げるのではなく、初めから自分の名刺を作ってしまう、というのも有りですが、指名に結びつける「営業戦略」を考えた場合、手作りの個性も重要視する必要があります。

そして最も肝心なことは、名刺のデザインやテンプレート以上に『名刺の渡し方』にあると言われます。

捨てられない名刺、自分を覚えてもらえる名刺であるためには、名刺の裏面を空白にしておいて、「お客様の目の前」でそこにメッセージを書き込むことが有効だとされます。メッセージは何でも良く「ありがとうございました」程度でもかまいません。そして必ず「お客様の名前」を○○様と入れます・・。

お客様にとっては、自分だけへのメッセージであり、そう簡単には捨てられず印象にもの残ります。

このような名刺の渡し方はタイミングやシチュエーションが難しいかもしれませんが、なんとか工夫して実践したいものです。

こういった名刺の渡し方によって、今のキャバ嬢としての貴女にふさわしい名刺デザイン・テンプレートも生きたものになっていきます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加