a-oneとワードを活用|名刺デザインの無料ダウンロード

スポンサーリンク

マイクロソフトの定番ワープロソフトと言えば「ワード(word)」です。このワードを使って名刺をデザインして作り上げ、印刷することが可能です。

ワードを使いえば、名刺デザインの基本部分である文字のレイアウトから始め、すべて、名刺を自作することができます。

元々、マイクロソフトのワードには、市販の何社かの名刺印刷レイアウトが備わっています。ワード自体がテンプレートを内蔵しているわけです。

このテンプレートを利用して、自作のデザインを印刷することができます。ただ、ワードのバージョンによっては、市販されている印刷用紙の中に対応できないものがあるので注意が必要です。

この方法については以下を参照下さい。

名刺の作り方【Word実践術】
http://kokoro.kir.jp/know/card1.html

定型外の規格で名刺を作るということはまず無いと思いますが、その場合は、テンプレートを含め、すべて自作ということになり、面倒なことになります。

エーワンなどの既存のテンプレートを使い、効率的に名刺を作りたいと思います。

名刺デザインはエーワンの『ラベル屋さん9』で

実は、【a-one】で、エーワンマルチカード(レイアウトにより品番がいくつかあります)という「名刺専用の印刷用紙」を購入して、【a-one】のサイトにアクセスし、『ラベル屋さん9』というソフトウェアを使えば、ワードを使用しなくとも、かなり立派な名刺を作ることができます。

『ラベル屋さん9』というソフトウェアは、ダウンロードしなくとも、オンラインで使える名刺作成・印刷用のソフトです。

この、『ラベル屋さん9』を使うと、非常に多彩なデザインを選択していろいろな名刺が作れますが、ソフト上には無い、オリジナルなデザインで名刺を作ろうとすると、『ラベル屋さん9』にだけ頼っていては不可能です。

この場合は、同じ【a-one】のサイトで、規格に合った「名刺印刷用のテンプレート」をダウンロードし、これを利用することになります。

ダウンロードできる「名刺印刷用のテンプレート」は、デザインの無い、ガイドライン(線)のみのテンプレートとなっているので、「日頃使い慣れたワード」でデザインしたものをガイドラインに合わせてコピーし、印刷することになります。

ラベル屋さん9を使った名刺の作り方
http://www.a-one.co.jp/product/card/make.h

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加