名刺のデザイン料金と印刷代の相場

スポンサーリンク

自社独自の、あるいは自身の事業をユニークにアピールする名刺が作りたいといった場合、自作はともかく、ある程度以上の名刺の消費が予定される時には、デザイン・印刷などをプロの業者に任せることになります。

ところで、名刺のデザイン料や印刷代金の相場というのはどうなっているのでしょう。

以下に、その基準となる数値などを記します。これを基準に、名刺のデザイン会社や印刷会社と交渉してみると良いでしょう。

中には、デザインはこれで!と決定している状況で依頼するケースもあると思います。対応している業者さんは一応基準額を提示していますが、要相談を重視するようにしましょう。

デザイン料金と印刷代金について

まず、デザイン料金についてですが、こちらは【デザインの内容】によって変動します。また、印刷代金については、【印刷枚数】によって変動します。

デザイン料金がデザイン次第で無限に変動・・では顧客もつきませんので、この場合、シンプルなデザインと凝ったデザインのパターンを用意して、これにオリジナリティを付ける形で「デザインの提案」がなされる、というのが一般的です。

シンプルなデザインであれば、3千円から5千円といったところが相場となります。そして、凝ったものについては、要相談といったところ。

印刷代金は枚数によりますが、これも、モノクロ印刷とカラー印刷、そして、両面印刷か否かでも、枚数単価に違いがあります。

基準として、モノクロ片面印刷で、100枚で1千円、というのが相場となります。これを基準に、両面モノクロかカラーかなど、要相談となります。

やはり名刺は、名刺を手渡したお相手にとって、貴重な情報源でもあり、両面印刷に価値が感じられます。印刷の色についてですが、モノクロには堅実な社風が、またカラーには自由な気風が感じられるといったことが言えますが、モノクロベースに一部カラーや写真(顔写真や代表商品の写真)を採用してインパクトのある名刺にすることも検討すると良いでしょう。

従量制の印刷代金については、印刷会社も末永いお付き合いをしたいので、印刷枚数が増えれば割引などもしてくれるところが多い状況です。

デザインと印刷はできれば一括の業者さんがお得

名刺のデザイン作成と印刷を別々の業者さんで発注すると、それぞれの会社の金額設定に対応することになります。これは以外に大きな出費となるので、できれば、デザイン発注と印刷発注共に、すべて請け負ってくれる業者さんに一括発注することをおすすめします。

これによって、発注トータルでの値段交渉も可能になり、コストを抑えることができます。

名刺作成専門のデザイン名刺.net
http://www.designmeishi.net/

印刷通販のキングプリンターズ・名刺・ショップカード印刷
http://kingprinters.com/landing/meishi

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加